スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっと来週は幸せな光景が・・・

というわけで、CLANNAD ASを今日もちゃんと観ましたが・・・感想の前に、いくつか書いておきます。
まぁ、感想は追記にて。

一昨日は友人Mと飲んだんですが・・・いつものとこが開いてなかったので、第三、第四候補辺りの五番館へ・・・。そこで、二人で1万ちょい飲み食いしてました。黒霧も1本空けたしね・・・。


今日もとい昨日で、男三人、桃鉄HAPPYをやってました。
最初は自分どん底、友人Mもどん底、いつもの友人Sが1人ボロ勝ち。でも、二人ともそこそこに盛り返してきた・・・。でも、自分はいいとこでいつも邪魔が入るから、詰め切れない・・・。
いいカードがある時にウィルスカード引いたりとか・・・。

途中で飯休憩して、今度はマリオ3の続きへ。
俺、7面で活躍を全然してない。
クリア数は多分1だよ・・・orz

クッパステージでは、戦車、船、飛行船、戦車2の内、自分はどれかクリアしたっけ・・・?
飛行船前の攫われるステージの最初と8-2は自分がクリアしたんだけど・・・(8-2については、ファイアー持って下のルートを通っていったから・・・)戦車2は自分がクリアした気がする・・・勘違いだったらどうしよう・・・。
そして最後のクッパ城。最後まで最初に行き着いたのは友人Sで、何回も行けるのに詰めきれない。そんなこんなしてる内に、自分も最後まで行き、1発でクッパを撃破。ピーチ姫を助けたのはルイージになりました。・・・いいとこ取りってヤツです(w


で、時間が時間だったので、CLANNADのために一度帰宅。

そして追記へ・・・。


何と言うか・・・OPがある意味最も合致した話だと思います。
渚との時間を忘れようと、考えないようにと、汐を古河家へ預け、仕事に没頭し、5年間を過ごした朋也。この辺は某ゲームというかアニメというかの「鳴海孝●」ほど酷くはないけど、ちょびっと近いですね・・・。
そんな時に早苗さんが訪れ、外に誘う・・・というか、旅行の話を持ちかける。
まぁ、何だかんだで押し切られ、旅行に行くことを承諾する朋也・・・。
何と言うか。1,2分毎に電話がかかってきて、「考えましたか?」と聞かれれば、そりゃ諦めるわな・・・。

で、その当日・・・秋生と早苗さんは用事ができたと書置きして、切符とプランを置いて姿をくらます。朋也はそこで、汐と再会するんだけど・・・何と言うか、思いっきり子供慣れしてない態度でしたね、あれは・・・。子供ができたら、自分もあんな風になりそうな予感(w
夜になれば二人は帰ってくると思い、古河家で待つ二人。ご飯のシーンは、ある意味シュール(w
朋也がチャーハンを作るが、汐はチャーハンに入った胡椒がダメで、チャーハンをおかずに白いご飯を食べるが、すぐに、白いご飯にフリカケ(タコ・・・ってどんなフリカケだろう?)をかけて食べるという・・・。いやはや、昔の俺ですか?昔は給食で嫌いなメニューばっかりだったら、ご飯と牛乳だけってーのもありましたから(w
次の日になっても帰って来ないので、汐に「二人で行くか?」と問いかける朋也。やっぱり親とは思えない微妙な態度・・・。
そして、出発してからEDになった時、上手く映像を合わせたな?とは思った。
EDは汐のスキップ(全体は映らないけど)から入るんですが、今回はそれに合わせて出発して、歩き出し、スキップしたところでEDへ。多少ラグみたいな違和感はありましたが、上手いとは思いました。

来週は、旅行先での顛末ですね。ある意味、どれだけ朋也が荒れているかを理解でき、その朋也が心を入れ替える回です。もしかしたら、あと1ステップ進むかもですが・・・多分、あの祖母との話と「一緒に・・・」っていう感じで終わる気がする。そして、再来週は杏が保母さんとして出てくる訳ですね、楽しみです。・・・再来週で出てくるかな?

ということで、今回は・・・ダイジェスト風になったけど、これにて終幕。
ノシ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

時雨―9

Author:時雨―9
現在大学生・・・死亡フラグ立ちまくりの毎日(笑)
趣味・嗜好・・・三国志、アニメ、漫画、ゲーム、のいぢ?ゲームは主に音楽ゲームをプレイ。
人生・・・多分、仲間内では1番運が無い人間。今までに何人もの怨

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。